相続の相談は税理士?会計士?

税理士

相続の相談に関しては、「どこに相談すれば良いのかわからない」と思っている方も沢山いるはずです。
事実、専門家と呼ばれる方の中には、弁護士や司法書士、行政書士なども多く、その他に税理士や会計士なども含まれているのです。
それぞれの得意分野というのがあるので、そこはしっかりと割り切って使っていくことが必要となります。
税金に関しての相談であれば、やはり税理士や会計士が必要となってくるでしょう。
しかし、その他相続による人間関係の問題であれば弁護士、手続きや申請などの問題であれば司法書士や行政書士を使うことになります。
どの専門家に依頼するのかについては自由ですし、人によっては自分で手続きも申請も行うという方もいます。
実際に結論を言ってしまうと、相続に関しては正解というのがありません。
不正解というのもないからこそ、自分が頼れる専門家に関しては見つけておくと良いです。

専門家に関しては、相談の内容によって変えていくのが一番効果的かもしれません。
特に税金なら、申告から納税までサポートしてくれる税理士がおすすめです。
会計士との違いについて疑問に思うことも多々あると思いますが、会計士というのは文字通り会計に特化した専門家となります。
税理士は税金に特化した専門家ということもあって、若干その立ち位置は違っています。
そのため、税金の計算などをしてもらう場合には税理士を使うのが良いでしょう。
その他、相続によって必要となった費用などに関しては会計士に相談しても良いです。
それぞれ得意な分野というのが違ってくるので、専門家とは言っても専門分野でしか相談することはできません。
そこは、しっかりと相談して対応してもらっていくことが必要となるのではないでしょうか。
もちろん、相談する内容ごとに専門家を変えていくというのが最善手となります。
ただ、その場合は費用も当然のようにかかってくるので、そこは注意が必要です。

専門家に相談する場合、何をどのようにすれば良いのか、具体的に話を聞くと良いです。
ただ、面倒で手間がかかるのも嫌という方は、専門家に代行してもらっても良いでしょう。
専門家も色々と手を付けられるより、代行させてもらった方が良い場合も多いです。
そこも考えると、やはり税理士や会計士というのは、相続が発覚した時点で相談しておきたいところです。
自分でやるには限界があるからこそ、ちゃんとした専門家に相談してくださいね。