司法書士より税理士が頼れる理由

日本には数多くの専門家が存在していますが、国家資格を持っている専門家には独占業務を持っていることがあります。
つまりその独占業務はその専門家しか行えないということになるのです。
相続に関しても数多くの専門家が携わることができますがその中でも税理士が優れている面が大きいといえるでしょう。
今回は相続において、数ある専門家の中から司法書士よりも税理士が頼れる理由について確認してみましょう。

まず司法書士に相続について相談する場合、行ってもらえる業務は登記関係です。
相続において土地や建物を相続する場合、名義変更となる相続登記を行う必要があります。
司法書士には相続登記の依頼や相談を行うことができるのです。
この業務については相続時には必ず行わなくてはならないものですが、相続に伴う税金に関する分野は司法書士は専門ではありません。
小規模宅地等の特例などの税法上の優遇措置や土地や建物の評価額を計算することはできないのです。
税理士へ依頼することで司法書士と連携して相続登記を行ってもらうこともできるため、最初から税理士へ依頼するのが良いでしょう。
注意しておきたい点は司法書士の中でも相続登記専門の方と、専門ではない方もいます。
そのため相続登記について相談や依頼を行う場合には専門である方を探すべきでしょう。

相続の際税理士に相談できることは相続税に関して全般になります。
相続の際に基礎控除額を超える相続額を受け取る際には税率に応じた相続税を納める必要があります。
前述の通り司法書士と連携している税理士や税理士事務所も多いため、相続に関するすべてを取りまとめていることも多いです。
そのため相続が心配な方であれば税理士へ相談を行うのが良いでしょう。

行政書士へ相談を行う際には相続登記についてアドバイスや代行を依頼する際が望ましいでしょう。
相続について全般的な相談を行う際には税理士へ相談を行う方が複合的な面でメリットがあり、相続税についても頼ることができるのです。