行政書士より税理士が頼れる理由

相続に関しては誰でも1度は経験するものではあり、専門性の高いことも特徴となっています。
それだけではなく、不動産を相続する際には土地や建物などの評価額などを算出する必要があるのです。
個人が行おうと考えるのはまず無理な場合も考えられるでしょう。
そのため相続時には専門家へ相談し、アドバイスをもらったり代行を行ってもらうのが一般的です。

相続に関する依頼を行える専門家の中で行政書士や税理士がいます。
行政書士よりも税理士の方がより相続の場合は依頼することに向いています。
今回は行政書士よりも税理士が頼れる理由について抑えておきましょう。

まず行政書士について、行政書士はどの市町村にも存在しているくらい身近な存在であり、事務所などを見かけることも多いでしょう。
行政書士が行えることは書面を作成することです。
個人の代理として書状の文書作成や申請書の作成を行っています。
身近なところでは開業をする際に許認可申請の代行を行っています。
許認可が必要な建築業や運送業の場合、行政書士は頼れる存在と言えるでしょう。
しかし行政書士には代理権は存在していません。
そのため書状の作成などは依頼することはできても相続に関する相談やアドバイスをもらうことは難しいでしょう。

相続の際には税理士に相談することで多くの問題を解決することができます。
まず税理士は税金のスペシャリストとして、税をはじめとしたお金について様々な知識を有しています。
相続の際には相続する財産額によっては相続税を納付する必要があります。
そのためいくらくらいの金額を収めなければならないのか、どのように申告すべきかについては不安に感じることがあるでしょう。
こういった相続の際の相談や税法上の特例の適用などについても相談することができるので適切な節税を行うことができます。

相続の面では行政書士の方に相談を行うこともできますが、より専門的であり相続税について相談を行いたい場合には税理士に行うべきでしょう。