税理士さんって相続税対策のとき頼れる?

相続

相続税対策において、税理士ほど頼りになる人はいません。
しかし「頼りになる」と言われている人ほど、実際は頼りにならないものです。
頼りない税理士に任せるよりも、自分で相続について勉強した方が良いと考えている方もいらっしゃるでしょう。

でも税理士に任せると、大きなメリットが得られます。
そこで、税理士に任せた時のメリットについて取り上げます。

税理士に相続税対策を任せるメリットは、大きな節税になることです。
相続税が幾らかかるかは相続した財産にもよりますが、お世辞にも「安い」とは言えません。
引き継いだ財産額によっては、半分以上税金で取られてしまう場合もあります。
半分も税金で取られてしまうと、何のための相続財産かわかりません。

でも税理士に相続税対策を任せると、半分以上税金で取られるリスクは少なくなります。
相続税は条件が合っていれば、特例である程度安く抑えることができます。
幾ら抑えられるかはその時の状況にもよりますが、多い場合で数千万円近い節税を実現することも可能です。

また相続税だけに、時間を取られることがないのも大きなメリットです。
相続税の申告準備には、どうしても時間がかかります。
時には相続税申告準備のためだけに、会社を休まなければならない場合もあります。
相続ばかりに時間を取られてしまうと、休まる日はありません。
そこで税理士の登場です。

税理士に面倒な相続税の手続きを任せれば、時間を大幅に取られることはありません。
相続税申告準備のためだけに、会社を休む必要もないのです。
ただし何もかも税理士に任せっぱなしは、おすすめできません。
できる範囲内だけで構わないので、相続の手続きをある程度は自分達でも進めて下さい。
そしてどうしようもない場合は、税理士に相談しましょう。

相続税の申告が終われば、それで何もかも終了という訳ではありません。
もし相続税の申告に不備があれば、税務署から税務調査が入ることがあります。
万が一税務調査が入ったとしても、税理士は頼りになります。

税務調査では徹底的に調べられ、時には税務署側から質問が来ます。
質問の内容に上手く答えられなければ、余計な税金がかかる恐れがあるので要注意です。
でも税理士であれば、税務調査に上手く対応してくれます。
また「傍に税理士がいる」だけでも、精神的に大きな支えとなってくれるでしょう。

相続税対策は税理士に頼らずとも、自分達でやろうと思えばできなくはありません。

でも素人では限界があるので、税理士に頼ることを強くおすすめします。